星組で上演!マサラ・ミュージカル『オーム・シャンティ・オーム』

2017年に宝塚歌劇団星組で上演されたマサラ・ミュージカル『オーム・シャンティ・オーム −恋する輪廻−』。1月に東京国際フォーラム ホールCで、7月〜8月に梅田芸術劇場メインホールで上演されました。1月に上演された際は、星組新トップスターの紅ゆずるさんと新トップ娘役の綺咲愛里さんのお披露目公演でした。
俳優のオーム・プラカーシュ・マキージャーとオーム・カプールを紅さんが、女優のシャンティプリヤとサンディを綺咲さんが演じました。プロデューサーのムケーシュを1月は礼真琴さんが、7月は七海ひろきさんが演じました。
共通して演じた役としては、オームの母親のべラ・マキージャーを美稀千種さんが、レポーターのヴィミーを白妙なつさんが演じました。
オーム・カプールの父親のラージェシュ・カプールは、1月は壱城あずささんが、7月は天寿光希さんが演じました。オームの親友のパップーを1月は瀬央ゆりやさんが、7月は麻央侑希さんが演じました。