お容易・省エネルギーお方「いも抱え」はいかがでしょうか?

おやつが食べたいけど、項目をそろえるのは大変し甘味作成は気がかり・・・。
そんな時にオススメしたい処方があります。それは、北海道の郷土料理「いも抱え」だ。
北海道では外側でバーベキューする時なんかも生まれるくらい、全くポピュラーな甘味なのです。

処方は容易!
1.じゃがいもをゆでて潰します。
2.片栗粉を適量入れてこねます。(片栗粉の音量は、ズタズタのじゃがいもがはじめて仕上がるぐらいの音量だ。)
3.出来たファブリックを掌中に跨るぐらいの円盤形式にまとめ、油を引いたフライパンで焼いたら完了だ。
(指で押して固いハリがあると焼き上がっています)
4.醤油と砂糖を煮詰めたみたらし風のたれをからめて出来上がり!

じゃがいもだけなので元気ですし、項目はともうちに居残るアイテムなので思い立ったらすぐに作れます。
仮に余裕があれば、中にチーズを加えるのもまたおいしい!
手軽なおやつを作りたいまま、必ず試して下さい。

バラエティショープログラムを見たりカレーを食べました

17事例くらいからTVされていた、チャンネルを見ました。力をくれた歌を人物の人たちが紹介するチャンネルでした。紹介する前に各種話をしていました。いまいち聴いたことがない曲もありました。時折話をしている途中で過去のことを思い起こしたのか、泣いていた輩もいました。今まで知らなかったことを話していたので、見れて良かったなと思いました。そして、次に笑先を見ました。最初は、アンガールズという芸人が出ていました。今回は、広島県の福山市だったので出ていたのかなと思いました。そのあとに、大喜得をしていました。笑点は最近は、各週のように見ています。新会員もかかり、手前もおもしろかったですが、今も未だに楽しいだ。来週も楽しみにしています。そして、それが終わってからディナーを食べました。笑先が始まる前に白ディナーを炊いていました。なので、レトルトのビーフカレーにしました。カレーを食べるのは、ものすごく久し振りでした。ミュゼ 申し込み期間